孤高によろしく千萬あるべし

説明しよう!このブログは、基本一人で何かを極めようとしている28歳の孤軍奮闘記である!

iPhone6のバッテリー交換が超絶楽で感動しました。

こんばんは。最近、僕の使っているスマホ(iPhone6)のバッテリー劣化が激しいので、今回は意を決してバッテリー交換を自分でやってみました。

 

正規修理に出さずに、自分でバッテリー交換をやってみた理由は2つです。

まず、機能的な劣化です。iPhone6がリリースされたのは2015年頃です。それ以降、スマホ単体で決済できるApplepayの登場や、ワイヤレス充電機能、カメラの機能向上などによって、徐々にではありますが機能的な劣化が進んでいます。そんな中、正規店にわざわざ修理に出して直したところで、機能的な劣化は直せない訳ですから、その意味でこのスマホが使えるのはあと1年か2年くらいが限界でしょう。ともすればわざわざ修理に出す価値は無い、と判断しました。

そして、金額の問題です。正規修理に出すと10,000円近くかかるのですが、なんと自分で修理をすると2,000円で済みます。安すぎて驚きました。これを機会とばかりに思い切ってスマホを買い換えるとなれば、やはり最低でも4,5万円はかかりますし、最新のiPhoneともなれば10万円は超えます。金額の問題を考慮すると、たったの2,000円で今のスマホが延命出来るのならば安いといえます。

因みに自分で修理をせずに、正規でない修理ショップに持ち込むと、大体3,000円から4,000円が相場だそうです。自分で修理をするのはちょっと...という方は、このような選択肢があることを書いておきます。

さて、このような理由で、今回はAmazonでスマホバッテリー交換キットを買って交換したのですが...これが超絶大当たりでした。

 

Deepro iPhone6 バッテリー 交換 キット PSE準拠 1810mAh 取付マニュアル付 (iphone6)

Deepro iPhone6 バッテリー 交換 キット PSE準拠 1810mAh 取付マニュアル付 (iphone6)

 

 

届いた品がこちらです。

f:id:tarouhakase:20190616211607j:image

 

メインに使うのは中央の銀色の精密ドライバーです。これらの道具を使いながら、添付の説明書にそってスマホのネジをはずし、カバーを外し、バッテリーを外すのですが....意外と簡単に出来ました。iPhoneのバッテリー交換ってクッソ面倒臭そうなイメージがあるのですが、実は大したことがなかったです。作業中の写真は、スマホが使えないために撮っていないのですが、説明書を熟読する時間を含めても20分ー30分程度で作業は終了しました。

 

さて、バッテリー交換が終わり、バッテリーが新品に大復活。

f:id:tarouhakase:20190616214326p:image

 

以前は充電ケーブルはずしてから、1分も経たないうちに残量100%から80%くらいまで減っていたのですが、当然ながらそんなことは全くなくなりました。たったの2,000円で思いがけずの大収穫だった、そんな6月の雨の日でした。