孤高によろしく千萬あるべし

説明しよう!このブログは、基本一人で何かを極めようとしている28歳の孤軍奮闘記である!

拡張型心筋症

続:拡張型心筋症による父の再入院ー手術

父の手術が無事に終わりました。古い補助人工心臓を取り外し、新しい(タイプの違う)補助人工心臓を埋め込む手術でした。朝の9時頃に手術が始まり、終わったのが深夜0時頃でした。かかった時間は15時間程度です。 正直に言ってしまえば、もう今回はダメ…

続:拡張型心筋症による父の再入院ー手術の決定

父がICUに入院してから33日が経過しました。 前回のインペラ手術が功を奏したらしく、父の肺水腫は改善されました。と同時に、お医者さんからこれからの事について説明を受けました。話の要点をまとめると以下の二点になります。 まず手術の日程が、明日8月…

続:拡張型心筋症による父の再入院ー肺水腫

前回のインペラ手術から6日が経過しました。状況は一転して悪くなりつつあります。7月31日頃、父と面会をした時に担当のお医者さんから詳しいお話を聞かせてもらうことができました。お医者さんの説明をまとめると、以下の2点になります。 まず、肺水腫…

続:拡張型心筋症による父の再入院ーインペラ手術

父が緊急手術をしてICUに入院してから24日が経ちました。とりあえずの経過報告を書いておきます。容態は前回とほぼ変わっていません。ICUで寝たきりです。ですがタイトルにもある通り、父は「インペラ手術」をしました。インペラ手術とは、簡単に言えば心…

続:拡張型心筋症による父の再入院ーICUでの面会

前回の記事を書いてから3日しか経っていませんが、とりあえずの経過を書いておきます。父が拡張型心筋症の補助人工心臓の不具合によって緊急手術をしたのが7月4日のことです。今日が7月14日ですから、手術から10日が経過したことになります。緊急手…

続:拡張型心筋症による父の再入院ー補助人工心臓の不具合から緊急手術に至るまで

2019年に入ってから父の拡張型心筋症への言及を避けてきましたが、7月に入ってから急激に調子が悪くなりました。僕自身の気持ちの整理というのもあり、ここで改めて父が置かれている状況を書いておきます。 このブログで僕が父の病気に最後に言及したの…

2018年 お疲れ様でした。

お久しぶりです。時間の流れというのは早いもので、2018年も残り1週間となりました。今回はこの1年間を振り返るとともに、来年に繋げていくための反省記事を書きます。今年最後のブログ更新です。 【今年の目標は達成できたのか?】 さて、僕は1月のブログに…

小確幸

1月も最後になりました。1年の十二分の一が終了したことになります。 今月は大きな転換が2つありました。 まず、心臓病で入院していた父が退院しました。本当に劇的な回復で、一時は死の淵まで行ったのですが、病院関係者の尽力もあって一命を取り留めま…

補助人工心臓装置(HeartMateⅡ)のテストに合格しました。

お久しぶりです。前回の記事から2週間以上経ちました。落ち着いてきたので、久しぶりにブログを更新させていただきます。 補助人工心臓のテストに合格しました。患者である父が大学病院を退院するに当たって、その取り扱い方や緊急信号を周りの人が覚えなけ…

埋込み型補助人工心臓――Heart Mate Ⅱ のマニュアル

季節が経つのは早いもので、今年も12月です。 私の住んでいる宮城県仙台市は、雪こそ降っていませんが、朝の気温が5℃くらいとなり、いよいよ本格的な冬に突入です。 今回は、親父の装着した埋込み型補助人工心臓「Heart MateⅡ」のマニュアルについて書きま…

埋込み型補助人工心臓 HeartMateⅡ

ご無沙汰しております。今回は父の容態について書きます。 父が突発性拡張型心筋症を患っており、それが原因でICUに緊急入院したことは前回の記事に書いたとおりです。当初の父は心臓そのものが弱っており、最早全身に血液を送る力が無いということから、心…

父の容態について―――2

父がICUに入院して、18日が経過しました。今回は父の面倒を見てくれている看護師さんについて書きます。 非常に申し訳ないのですが、僕は今まで看護師という職業をナメていました。言葉は悪いですが、医者の補助、というイメージが強かったのです。しかし、…

父の容態について―――1

久しぶりのブログ更新です。最後の更新から3週間近く経ちました。不定期更新であることに変わりはないのですが、なぜ更新まで間隔が開いたのか、文章を書いて整理したいということもあり、今の僕が置かれている現状について書きます。 一言で言えば、この3…